ぼらの館

KagoshimaniaXというWebメディアやったり、雑誌の雑誌の連載書いたり、テレビとかラジオに出てる鹿児島のおっさん

胸が熱くなる

みずぽんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

僕です○┓

県立図書館で勉学に励んでおるのですが

休憩しようと外に出たら100%の確率で出あう高校生カポーがおるのです。
冗談抜きで100%。
彼氏の方は「あのおっさんまたおる」レベルで気付いているのではないでしょうか。

まぁそれはある意味日常茶飯事なのですが、

最近日増しに距離が近づいておるのです。

そして・・・

ついに腰の後ろに手が回ってきた。

男の子的には腰のさらに下に手をまわして近所のエデンへ突撃という妄想をしておるのでしょうが、そうはいかないのが世の常というか女の子の摩訶不思議なところというか。

制服を見ると某進学校のようなので
「受験が終わったらね(ハート)」
などという甘い約束をしているのでしょうが、
わたくしの見聞的経験則から申しますと、この子ら

男の子はFラン大もしくは浪人、女の子はそこそこの駅弁大という道を歩むのです。

そして女の子はサークルの先輩もしくはバイト先の店長の方へ靡いていくのです。

一般的にこういう場合、女の子はマジでがんばるのですが、男の子は妄想が先行してしまい勉強に手がつかないと言われています。まぁ例外も多いのだけど。

妄想という虚像を実像に近付けるためにはそれ相応の努力が必要であることを男の子に伝えたいのですが、言ったところで18かそこらの若造ではその事実は理解できないのでやめときます。

残念やっど。

何が残念ってこんなしょうもないことに胸を熱くしている自分が。

もう3,4年は勉強頑張らねばならない感じになってきたので中高生あたりどこかで文集に書いた夢「独身貴族」を目指して日々励んでいこうと思います。

同じ貴族を目指すなら男爵とか伯爵じゃなくて侯爵あたりは目指していこうと思います。